トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  フィギュアスケート >  フィギュアスケート世界選手権2013: 採点方式・ジャッジの問題点、キム・ヨナの得点の検証

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィギュアスケート世界選手権2013: 採点方式・ジャッジの問題点、キム・ヨナの得点の検証

世界フィギュアスケート選手権2013(カナダ・ロンドン)が終了した。女子の結果は、
1. キム・ヨナ 218.31、2. コストナー 197.89、3. 浅田真央 196.47、4. 村上佳菜子 189.73、5. ワグナー 187.34、6. ゴールド 184.25、7. ジジュン・リ 183.85、8. オズモンド 176.82、....

フジテレビのくだらない録画放送を待たずに、Internetで生中継で見たが、特に、優勝したキム・ヨナ選手のスコアには大いに疑問が残る。以下にその疑問点を述べる。(誤解のないように言うと、演技そのものにケチをつけるつもりはない。良い演技だったことは認める。ただ、それでもスコアが出過ぎという話。)

まず、この試合のショートとフリーの採点の詳細を確認する。こちらのキム・ヨナのスコアを参照:
ショートプログラム・プロトコル (PDF)
フリー・プロトコル (PDF)
試合のスコア:
・ショート: 69.97 (TES 36.79, PCS 33.18)
・フリー: 148.34 (TES 74.73, PCS 73.61) ←このフリーが問題。

■ 世界選手権2013女子・キムヨナ選手のフリーのGOE・PCSのスコアの異常性:

(1) フリーのGOEの不自然さ:

キム・ヨナは、ショートとフリーで実施した同じ種類の要素(ジャンプ、スピン、ステップ等)について、それらの質は、ほぼ同程度だった。それなのに、フリーのGOEのほうが、一様に、判で押したように、異常に上げられている
キム・ヨナのGOEの上がり方(ショート → フリー):
・3Lz+3T: +1.4 → +1.9
・3F:  -0.2(e) → +1.9
・2A:  +0.86 → + 1.14
・StSq4(ステップ): +1.10 → +1.40
・CCoSp4(スピン): +0.86 → +1.21
・LSp3(スピン): +0.71 → +1.07
・・・・・
(いずれも、係数こみ。例えば、係数をかける前の、フリーの3Lz+3Tや3Fは、ほとんど「+3」。)


さらに、なんと、フリーでは、9人のジャッジ全員が、フリーの12個要素(全部で108ある)の全てに、 +1 以上をつけている。ゼロ、マイナスが一つも無い。これは不自然すぎる。

また、ショートでは、ほとんど無かった「+3」が、フリーでは激増している。

そもそもGOEの評価方法としては、各要素に、チェックポイントが複数決められていて、それらをクリアまたは違反した数によって、各ジャッジが、-3~+3の7段階で評価するが、どのチェックポイントをクリアしたとみなしたかは、記録に残らない。また、各チェックポイントのクリアの基準もあいまいで客観性が無い。例えば、ジャンプは、「高さおよび距離が十分」とか「音楽構造に要素が合っている」など、あいまいなものが多い。つまりジャッジの主観で、いくらでも +2を+3 に変えたりできる。また「○○選手の3Lzは、通常は+2でOK」のような暗黙の合意が支配的になってしまう。

こうした、いい加減なGOEが、いかに全体のスコアを大きく左右するかを見てみる。

今回のフリーの基礎点とGOE(基礎点の高い選手から順に):
浅田真央: 基礎点 62.30 + GOE 3.66
李子君 : 基礎点 60.60 + GOE 8.81
ゴールド: 基礎点 60.31 + GOE 4.91
キムヨナ: 基礎点 58.22 + GOE 16.51 (!?)

キムヨナは、基礎点は(完璧に滑っても)、出場選手中4位という、難度の低い構成だ。それでも、怪しい GOEで、浅田真央より13点、つまり3回転ジャンプ2個分以上も稼いでいる。これは、「採点の歪み」と言う他ない。

(浅田真央は、フリーでミスもあり、3F+3Loも入れなかったものの、基礎点は、出場選手中トップなので、基礎点・GOEとも、まだまだ伸びそうだが…。)

(2) フリーのPCSの異常な上がり方:

キム・ヨナは、ショートとフリーでは、演技全体の質は、それほど変わらなかった。しかし、演技全体の質を評価するPCS(演技構成点)のスコアは、フリーのほうが異常に高くなった。PCSの各項目の平均値は、
ショート 8.295 ⇒ フリー 9.201
と、実に1点近くも上がっている。

通常は、同程度の演技をした場合、PCSも同程度か、やや高くなる程度だ。例えば、この試合の浅田真央のPCSの平均値は、
ショート 8.100 ⇒ フリー 8.551
と、0.45ほどしか上がっていない。フリーのほうが良かったように見えたが、それでもこれくらいだ。

キムヨナのPCSも、仮に同じ上げ幅だと仮定すると平均8.7(これでも出過ぎ)となり、フリーのPCSは、69.6点くらいになるはず。実際は 73.61だったため、フリーのPCSで4点ほど盛られていると言える。

(3) PCSで10点満点の暴挙:

フリーのPCSで、10点満点を出したジャッジがいる。それも、のべ6項目も。10点満点というは、「これ以上は、物理的に不可能、これ以上やらなくていい」という意味であり、「フィギュアスケート女子シングルは、競技として、もう発展しなくていい、発展するな」というメッセージを発したことになる。競技に対する死刑宣告である。

だから、ジャッジは、よほどのことが無い限り10点満点を出してはいけない。しかも、複数のジャッジが同時に、こうした異常行動・暴挙に出たのは、事前に「キムヨナが良い演技をしたら10点出そう」という合意があったと思われても仕方がない。そうでなければ、簡単に10点を出せるわけがない。女子では、これまで、9点台すらめったに出なかったのだから。

なお、10点が出た項目は、
Performance / Execution (演技遂行)で2人
Choreography / Composition(振付・構成) で1人
Interpretation (音楽解釈)で3人
これら3つのPCSの項目は、ジャッジの趣味・主観・好き嫌いによるところが大きい。いくらでも言い訳ができる。

■ ルールの運用に問題がなかったか:

今回の、キム・ヨナのフリーのスコアの異常さの背景には、ショートプログラムのスコアが、韓国側の期待より低かったことがあるかもしれない(特にフリップの不正エッジで騒いでいた。実際はスコアは全然低くなくて、むしろ高すぎたのだが)。

韓国メディアの報道でも、ショートプログラムの採点への批判記事が多数載っていた。多くの記事はルールの無知によるいい加減なものだが…。また、猛烈なロビー活動をする韓国連盟のことだから、ISUにも、採点への異議など、何らかの働きかけがあったのではないか。

こうした空気が、フリーでのジャッジへのプレッシャーとなり、理不尽な高得点になってしまったと考えるのが妥当だ。

フィギュアスケートのルール・採点基準は、明文化された部分でもまだまだ問題が多いが、明文化されていない運用面での問題は、さらに多い。ジャッジの透明性の確保を急がねばならない。

※補足・追記
・本来のフリーのスコアはどうあるべきだったか(以下、概算)。まず、PCSは上記のとおり、約4点低くなる。GOEは、SPを参考にすると、SPの場合、GOE/基礎点 = 5.16/31.63 = 0.16。フリーも同じ比率とすると、GOE = 基礎点×0.16 = 9.32 となる。実際のフリーのGOE 16.51 より7点ほど低くなる。以上から、PCSとGOEで、合計11点ほど下がるはずで、フリーの本当のスコアは、137点くらいだった、と言える。

・金妍児選手本人も、得点が高すぎたことを認めている:「いい得点は出ると思ったが、こんなに高いものになるとは思わなかった。」http://www.jiji.com/jc/zc?k=201303/2013031700070&g=spo

・バンクーバー五輪のフリーより低いという指摘もあるかもしれないが、2010年の当時からルールが変わっている(GOEの係数縮小、スパイラル→コレオシーケンス、2Aを3回禁止など)。バンクーバー五輪のフリーも、スコアは高すぎたが、今回は、実質的にはそれを超えてしまっている。だからなおさら、その異常さが問題となる。2014ソチ五輪での再発防止を強く望む。




ISUは徹底調査すべき.
ジャッジの匿名性がある状況では、これが限界です。体制を変えないと。
ISUは、このフリーの点数の異常さについて、詳しく検証すべきです。

ルールも見直しが必要です。
演技の本来の価値と、出てくる点数との間に、乖離があります。
価値の無い演技でも、点数だけは不当に稼げてしまう、という状況は避けなければなりません。
[ 2013/03/17 18:28 ] [ 編集 ]
ジャッジ
ちなみにFree Skatingの Judge のリスト。国際スケート連盟は、彼らにヒアリングせよ。また、この中で、10点をつけたジャッジは、フィギュアスケートを冒涜したものとして、処分せよ。
Judge No.1 Mr. Gavril VELCHEV
Judge No.2 Mr. Nikolai SALNIKOV
Judge No.3 Ms. Helle LYNGBERG
Judge No.4 Ms. Marta OLOZAGARRE
Judge No.5 Ms. Dagmar LURZ-PROTT
Judge No.6 Mr. Neil GARRARD
Judge No.7 Ms. Patricia HOUGHTON
Judge No.8 Ms. Christine BLANC
Judge No.9 Ms. Salome CHIGOGIDZE
[ 2013/03/17 18:42 ] [ 編集 ]
ジャッジ間の同調圧力

「同調圧力」がかかったのでしょう。

ジャッジミーティングで、Kim Yu-Na のフリーは、少し高めにしよう(そうしないと、うるさい連中がいる)、という話が出た。

そうなると、ジャッジは、低い点を出して浮いてしまうのを嫌がり、必ず高めにPCS・GOEをつける。

一つ一つは小さくても、それが積もり積もると、こんな恐ろしい、醜いスコアになる。

ジャッジには、悪意はないでしょう。ただ、無能な人間というだけ。

運営方法の問題。
[ 2013/03/17 20:08 ] [ 編集 ]
採点と開催国の因果関係
浅田真央選手とキム・ヨナ選手に関する採点について、2008.12月から現在にいたるまで、調べました。

〈Ⅰ〉経緯と開催国
①2008.12月のグランプリファイナル…ここまでの採点は、公平。
②2009.2月(カナダ)四大陸選手権…ここからが理不尽な事が始まった。2か月前に、優勝した浅田が急に不調になり、びっくりするほど点が下がる。(嫌がらせ等あったのでは…)
③2009.3月(米国)世界選手権…キムヨナが200超え、浅田はなんと4位まで落ちた。
④2009.12月(日本)グランプリファイナル…キムヨナが優勝するが、採点は普通。
⑤2010.2月(カナダ)バンクーバーオリンピック…莫大な得点により、キムヨナ優勝。
⑥その後、イタリアとロシアの世界選手権では浅田と安藤が優勝し、採点も普通。
⑦今回の世界選手権…カナダ、キムヨナが莫大な得点で優勝。

「キムヨナの莫大な得点」と「浅田に対する誹謗中傷」は、カナダと米国(北米)で行われた大会である。カナダとキムヨナには、特別な関係があるのだろうか。また、キムヨナを有利に処遇するのは、カナダ(北米)だけなのだろうか。

〈Ⅱ〉心理面
採点を優遇してもらえると知って演技を行うのと、厳しく採点される事を覚悟して演技を行うのとでは、プレッシャーは雲泥の差だ。優遇してもらえる選手は、プレッシャーが少ないので、ノーミスしやすいであろう。それに加えて、莫大な加点が与えられる。これではもはや、スポーツとは言えない。

〈Ⅲ〉キムヨナの金メダルについて
心理面と実際の加点という、2重に優遇されての金メダルは、バッタもの(パッチもの)なので、丸型のビスケットのようなものだ。スポーツ選手が獲得したメダルをかじっている写真がよくあるが、きっと、ぱりぱりと食べられるのでは(笑)またビスケットは、叩くと割れる。

選手ために、フィギュアスケート界全体のために、採点を正常にして欲しいと強く願います‼
[ 2013/03/17 21:35 ] [ 編集 ]
採点
特定の選手にだけ異常な高得点を演技構成点で出すなら試合する意味はまったくない。既に勝つ選手が決められているのだから。
今回の世界選手権FSでキムヨナやコストナに70点台と言う演技構成点が与えられている。こんな点数を出されたら他の選手がいくら完璧で良い演技をしても技術点ですらその数字を上回ることはほぼ無理。男子のFSも同じ。優勝したチャンはジャンプであれだけミスししても演技構成点はしっかり与えられ結果として優勝している。チャンのFS演技は金メダリストにふさわしい演技だったでしょうか?
[ 2013/03/18 17:18 ] [ 編集 ]
基礎点
とてもわかりやすい解説をありがとうございます。
ただ基礎点の表記は、実際に演技した結果与えられたものであり、
予定している基礎点で言えば、浅田選手は金選手の10点程高いものです。
ジャッジが金選手に回転不足判定やeマークを付けていれば、58点よりもまだ低いものになっていました。
つまりショートでもフリーでも、一見足りているように見える他の選手の基礎点を下げ、金選手からは引かないことだって出来るのです。
この基本的な所からもジャッジは好きに点数を付けられるのだと理解しています。
パトリック・チャン選手が金メダルにふさわしいか・・・
よく金選手とセットで語られますが、次元が違い過ぎます。
彼は4回転を成功させていますが転倒もしています。
なのでフリーだけの得点で言えば、5点もの差で2位です。
昨季までの得点の出方から考えると、今季はまだマシなほうではないでしょうか?
昨季は怒りでおかしくなりそうな上げ方でしたが。
勿論、今でも高いとは思いますが高難度に挑戦しているだけ、金選手よりも納得出来ます。
それに比べて金選手は、チャン選手のスケーティングスキルさえも抜いてしまいました。
チャン選手に対する疑問が海外の記事に出ているようですが、
その前に何故金選手への疑惑が報じられないのか・・・不思議ですね。
[ 2013/03/19 12:06 ] [ 編集 ]
GOEとPCSの不透明さ
とても参考になる記事をありがとうございます。

SPとFSでなぜこんなにも評価が異なるのか、と
やはり疑問に思いました。

また、ヨナ選手のように基礎点はそれほど高くないジャンプ構成でも、
GOE加点やPCS評価で(10点の評価まで・・・!)高得点になるのでれば、
他の選手がいくら高難度のジャンプ構成でノーミスの演技を行っても、
ギリギリ追いつくかどうか、というところかと思います。

なぜこれほどの評価となったのか、具体的に説明がなされない限り
公平・公正なジャッジだったと盲目に信じることはできません。

ヨナ選手も素晴らしい選手であるだけに、
他の選手と同じ土俵で戦っているようには
見えないことがある現状が残念でなりません。

勝手ながら私のブログにてこちらの記事を紹介したいと思います。
トラックバック、送らせていただきます。
[ 2013/03/19 19:19 ] [ 編集 ]
Yu-Na Kim's score is a fabrication.
I hope a lot of people in the world will read this document and understand the unnatural fake judging of Kim Yuna's Free Skating at The 2013 World Figure Skating Championships in London.

The FreeSkating score of KIM Yu-Na is too much high. The total GOE 16,51 should be less than 10. Also the PCS should be the same range as her Short Program. I have never seen any reasonable explanation for the inflated score. 

[ 2013/03/19 21:41 ] [ 編集 ]
みなさま、コメントありがとうございます。
賛同していただける方が多いようで安心しております。
やはり、今回の世界選手権2013、キムヨナ選手のフリーのスコアは、全く説明不可能な、異常値です。

メディアの記事やブログ等で、専門家の見解などを見ても、演技自体は誉めていても、スコアについては、口をつぐんでいるようですね。

あのスコアを客観的に正当だと説明する人は、一人も見当たりません。

また、あのスコアを批判すると、連盟とか、韓国に近いメディアから、圧力がかかるからでしょうか。
[ 2013/03/20 17:45 ] [ 編集 ]
ジャッジの匿名廃止を!
youtubeなどでは世界選手権2013の真央さんの動画に
Kの国の方々が「Maoはお金で胴メダルを買った」
「JAPANマネーで勝った」「JAPがジャッジを買収した」
などとコメントしまくってます。
Kの国では「浅田真央は審判に優遇されている。
KYは冷遇されて点数が低く抑えられた」などと報道されています。

どちらのファンも、このようなジャッジ疑惑で頭を悩ませたくないでしょう
長年フィギュアスケートを見て各国の選手達を応援して来ましたが
あの女王様の出る試合は見るのが辛くなってきました

どの国籍のジャッジがどんな点数をつけたのか不明になったのが原因だと思います。
理由もなく盛放題下げ放題でも何~~の責めも追わないで済むのですから。

「どの国籍のジャッジがどんな点数をつけたか」
だけでも得点と一緒にリアルタイム公開するべきだと思います。

フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名http://www.shomei.tv/project-1922.html
期限 2013年04月03日
[ 2013/03/21 08:21 ] [ 編集 ]
わざと回転失敗?
 ちょっと気になっていることが・・・杞憂ならいいけど・・・

かつて 浅田真央が安藤美姫と一緒に同じ大会に出場していたとき、
毎回のように同じミスをしていた時期があったような・・・
そして今度は浅田真央と一緒に同じ大会に出場している村上佳菜子に
同じようなことが起きているように思える。
 ミスは同じようなパターンで、予定より少ない回転数で、
ゆっくりとジャンプ。
 もしかして、安藤美姫や浅田真央を日本で一位にするために、
わざとミスをさせていた・・・?

 怪我をしにくく、そこそこ自然。確実にコントロールでき、
周囲にもミスをアピールできる・・・
 そんなミスの仕方は限られてくる。だから、同じようなパターンのミスとなる。
まさか・・・オリンピックまで・・・
[ 2014/02/25 23:57 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/04/09 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。