トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  [読書] 企業経営 >  ブルー・オーシャン戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブルー・オーシャン戦略



ブルー・オーシャン戦略
(W・チャン・キム, レネ・モボルニュ)

★★★★


ブルー・オーシャン戦略は、私の周囲でも流行り言葉のように使われています。一言で言えば、競争のない市場を開拓し、新たな需要を創造し、従来の競争を無意味にする。その際、技術革新は伴わず、コストを抑えながら、顧客にとっての価値を高める。ということでしょうか。本書は、ブルーオーシャン戦略のバイブルとされており、一読の価値ありです。特に、初めに競争市場ありき、という観点でマーケティングを考えてきた人には、得るものが多いでしょう。多数の事例が紹介されていて分かりやすいです。本書では書かれてませんでしたが、任天堂のDSやWiiもブルーオーシャンと言えるでしょう。

ただ、疑問に思うこともあります。本書では、過去の多くのブルーオーシャン戦略の事例を取り上げていますが、それらは「『ブルーオーシャン戦略』という方法を採用しよう」という計画のもと実行され、成功したのではないはずです。単に本書が、過去の成功事例だけを都合よく集めて、それらに共通する部分を帰納的に「ブルーオーシャン戦略」と呼んでいるに過ぎないのではないでしょうか。つまり、ブルーオーシャン戦略の中のどのツール・プロセスを適用すればどれくらいの確率で成功する、といった演繹的な意味での保証はできないのではと思うのです。この点について、本書では明確は説明がありません。他の文献に何か書いてあるのでしょうか。識者にご教示いただきたいです。

------------------------
【以下、読書メモ/要約】
○ツール:
・戦略キャンバス(価値曲線)
・新しい価値曲線を描くために、要素を「付け加える」「増やす」「取り除く」「減らす」ことを検討する。(4つのアクション→アクションマトリクス)
・価値曲線には、(1)メリハリ、(2)高い独自性、(3)訴求力のあるキャッチフレーズ、の3つが必要。
例:シルク・ドゥ・ソレイユ、イエロー・テイル(ワイン)

○ブルーオーシャンを創造する6つのパス:
1) 代替産業に学ぶ(機能・形状が異なるが同じ目的のもの。例:ネットジェッツ、NTTドコモ・iモード。)
2) 業界内の他の戦略グループから学ぶ。(顧客が別のグループを選ぶ際の決め手は? 例:フィットネスクラブのカーブス)
3) 買い手グループに目を向ける。(購買者と、利用者・意思決定者は別かも。例:ノボ社のインスリン)
4) 補完財や補完サービスを見渡す。(使用中・前後のネック解消を。例:映画館のベビーシッター。ハンガリーのバスNABI社)
5) 機能志向と感性志向を切り替える。(感性志向の事業は簡略化、機能志向はその逆を。例:QBハウス)
6) 将来を見渡す。(後戻りしないトレンドを予測。例:アップル iPod/iTunes、CNNニュース、シスコのルータ)

○戦略キャンバスを描くプロセス:
1. 現在の戦略キャンバスを図示、他社と比較。
2. 現場を見て、現状を把握。
3. 価値曲線を描く。既存顧客・他社顧客・潜在顧客に説明し、フィードバックを得る。
4. PMSマップでビジュアル化(パイオニア/移行者/安住者、の現状と今後)。

○新たな需要を掘り起こす(非顧客層に目を向ける)。
1) より良い選択肢を求める層:他業界に去った顧客の共通点は?
2) 敢えて利用しない層:利用しない理由は?
3) 未開拓層

○戦略を考える正しい順序:
1. 買い手にとっての効用 → 2. 価格 → 3. コスト → 4. 実現への手立て。
・効用を生み出すには:
顧客経験の6ステージ(購入、納品、使用、併用、保守管理、廃棄)において、顧客の生産性、シンプルさ、利便性、リスク、楽しさや好ましいイメージ、環境への優しさ、の観点で新たな効用を検討する。
・価格:
step1. 顧客の密集する価格帯を見極める(同形態、異形態同機能、異機能同目的、の製品・サービスの価格を調査)
step2. 顧客の密集する価格帯の範囲内で価格を決める。(法規制・特許があれば高め、模倣しやすい場合低めに)
・コスト:価格を実現するため、合理化、コスト革新、提携などの手段をとる。
・導入:導入の障壁に対応(従業員、事業パートナー、消費者の抵抗を無くす)。

○その他
・組織面のハードル:影響力の大きい要因に集中する(ティッピングポイント・リーダーシップ)。例:ニューヨーク市警ブラットン本部長。
・社内の協力を得るには、公正なプロセスによる戦略策定が必要(3E:関与、説明、明快な期待内容)
・ブルーオーシャンは模倣が難しい。(従来の理論に染まった人には理解されない。ブランドイメージを損なう。共倒れになる。特許・法規制。社内の文化。顧客の支持。などの問題)
・ブルーオーシャンは、既存企業・新興企業の両方で可能。既存企業の場合、中核事業であることが多い。
→ Amazonで詳しく見る



[ 2011/02/12 23:48 ] [読書] 企業経営 | TB (0) | Comment (0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。