トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  [読書] 科学技術 >  「生命とは何か―物理的にみた生細胞」(シュレーディンガー)読書メモ・レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「生命とは何か―物理的にみた生細胞」(シュレーディンガー)読書メモ・レビュー



「生命とは何か―物理的にみた生細胞」
(シュレーディンガー)

★★★★


[レビュー・考察]

・物理を少しでもやった人なら、嫌と言うほど名前を聞かされた、シュレディンガー方程式のシュレディンガーが、大昔に、こんな生物学の検討をしていたということ自体が驚きだった。

・昔の本にありがちな、読みにくさ。まとまりの悪さ。

・しかし、未知の分野に対して、他の分野の知識を適用するアプローチの仕方は、良い勉強になる。学生や研究者は、こういう姿勢を学ぶべき。物理学と生物学を、ここまで有機的に結び付けるような話は、聞いたことがなかった・・・。

-----
[読書メモ・備忘録]

・生物の体は、なぜあんなに大きいのか?・・・
n個の要素のうち、「不正確」なものが、√n 個あると仮定すると、その割合は1/√nとなる。
nが大きいほど、不正確さが減る。生物が、個体として一定レベルの秩序を持つためには、この不正確さを一定の割合以下にする必要がある。そのため、nが一定値以上、つまり生物の体は一定の大きさ以上である必要がある。

・遺伝子の永続性は、不連続性に起因する。(量子力学的に)

・突然変異は、まれな出来事でなければならない。(高度の永続性のため)

・生命体は、負のエントロピーを食べて生きている(ように見える)。

-----
→ Amazonで詳しく見る


[ 2013/01/25 23:10 ] [読書] 科学技術 | TB (0) | Comment (0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。