トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  [読書] 歴史・文化・旅行 >  「深夜特急」(沢木耕太郎)レビュー・読書メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「深夜特急」(沢木耕太郎)レビュー・読書メモ



深夜特急〈1〉香港・マカオ
(沢木耕太郎)

★★★★

[レビュー・考察]

・全巻まとめて読んだ。海外旅行好き(自由気ままな旅、バックパッカー)のバイブルと呼ばれている本。この本を読んで、旅に出る人も多いという。私は、50か国近く旅行した後で、あえて、この本を読んでみた。(それまで、あまり読む気がしなかったが、このまま読まないでおくのもどうかと思ったので…)

自分が行った町についての記述を読むと、意外とつまらないというか、物足りない。一方、自分がまだ行ってない町のところを読むと、面白く感じるし、行ってみたい!と強く思う。やはり、旅は、自分で行って、自分の意思で行動することに価値がある、ということか。

・著者が行った都市の中で、私も今まで行ったことがあるのは、
香港、マカオ、バンコク、ハジャイ、ペナン、バタワース、クアラルンプール、
シンガポール、アンカラ、イスタンブール、アテネ、ローマ、バルセロナ、マド
リード、セビーリャ、リスボン、パリ、ロンドン、あたり。
(インド北部と西アジアに行けてないのが自分でも残念)

・旅先で、本を読むのは、良いものだ、というのは改めて実感。著者は、漢詩を持って行って読んでいたようだが。その類のものも試してみたい。また、紙とボールペンを携帯するのは、自分もしているが、必須。

・各国で、子供・老人とのやり取りが多いのが印象的。平日の昼間に旅人の相手ができるのは、子供・老人くらいなのか、というのは分かる。また、彼らのと接すると、気が和むのだろう。

・著者は、旅先でよく映画を見るようで、これも現地の娯楽・文化を知るうえで面白そう。私は、米国でしか見たことないが…、時間があればやってみたい。

・旅先で日本人と話す機会は、確かに多いと思う。世界中、どこに行っても、日本人を見かける。ただ、著者の時代と違って、今は、中国人・韓国人の旅行者も多く、話さない限り、見た目では分かりにくい場合がある。また、著者のように、現地に住んでいる日本人と話す機会があれば、学ぶことも多く幸運だと思うが、実際にはそういう機会には恵まれないことが多い。

・旅先の人(現地の人や、他国からの旅行者)の、日本に対する見方も様々だと分かる。日本企業は、低賃金で現地人をこき使う、という見方もあるようだ。

・時間に余裕のある旅がうらやましくなる。著者のように、ガイドブックを持たず、気ままに旅行するのは、何日でも自由に使える場合に限られる。仕事をしている者には、無理。ただ、効率ばかり追求するのもつまらない。そこそいかにバランスをとるかが、個人的な最近の旅の課題。

・観光スポットの記述はほとんどなく、現地での人との関わり、町の雰囲気、の記述が多い。結局、町というのは、人で成り立っている。人を通して、全てが見えるとも言える。実際の旅でも、時間があれば、現地での人との関わりに重点を置きたいと思う。

・長く旅を続けていると、旅を終えることが恐くなったり、人格が崩壊したり、まっとうな生活に戻るのが恐怖になったりするらしい。そこまでなってみたい気もするが、無理だろう・・・。

・どんなに旅慣れても、それぞれの町の大きさ、雰囲気、構造などは、実際に行ってみないと、把握できないものだと改めて思う。

-----
[読書メモ・備忘録]

・香港の、町が持つエネルギーに関する話がよく描かれている。露店・マーケットの活気の良さがよく描けている。無秩序さ、意外性が、旅の面白さ。
・マカオのギャンブルと、そのイカサマの手口が面白い。人の行動に焦点を当てる旅の面白さの見本。
・香港の海上フェリーの静謐さ、聖なる場所という感覚、現地の人も景色を眺めている。観光客向けでなく、現地の人が大事にしているものこそ、その土地の宝として、着目したい。

・タイ、マレーシアなど東南アジアでは、売春宿のような怪しげなホテルも多く、その見極め方や、そこに泊まった場合どうなるか、よく分かって面白い。旅では、宿を通して、いろいろ分かることがある。

・旅の中で、筆者にとって最も印象の強かった場所は、おそらく、カルカッタだろう。いくら歩いても飽きない、という。
「確かに、何があるという街ではない。しかし、カルカッタには、いま生きている人間に関わるものならすべてあった。たとえば、路上に坐りこみ、あるいは横たわり、通りすがりの者に手を差し伸べている物乞いには、この地上に存在するあらゆる病が巣くっているようだった。」
「カルカッタにはすべてがあった。悲惨なものもあれば、滑稽なものもあり、崇高なものもあれば、卑小なものもあった。だが、私にはなつかしく、あえて言えば、心地よいものだった」
これこそ、旅での街歩きの面白さの本質だろう。こういう街を多く歩きたい。
・ブッダガヤのアシュラムでの生活は興味深い。ホテル以外の特殊な場所で短期間でも過ごすのは、良さそう。
・インドで病気になったとき、ホテルの従業員から出された薬を飲み、これが毒だったら、と考えながら飲んだときの切迫感が印象的。
・インドかどこかでの、カレーを手で食べたり、トイレで紙の代わりに水と手で済ませる件で、「また一つ自由になれた気がする」という考え方には、感銘を受けた。自由・気ままを求めることと、現地に溶け込むことは、重なる。

・カトマンズは、インドのような苛烈さがなく、人が優しくて親しみやすく物価も安いため、長期旅行者の天国とか。
・アフガニスタンは(現在は危険だが当時は行けたのだろう)、風景が良いらしい。特に、ジャララバードからカブールまでの景観はとりわけ美しいとのこと。いつか行ってみたい。

・イスタンブールの居心地の良さは、食べ物と人の良さ。これは、居心地の良い町の必要条件だろう。
・ギリシャの遺跡について、亡びるものは徹底的に亡びたほうが良い、中途半端に生きながらえさせるのは、醜い、というのは、分かる。変に観光化すべきでない。ギリシャのミストラは、廃墟らしくて良いらしい。
・ギリシャでいきなり声をかけられ、知らない人の家のパーティに招かれて、楽しく過ごす、というのは、信じられない。どうすればそうなるのか。
・サンピエトロ寺院の「ピエタ」について、著者は珍しく、個別の観光スポットを絶賛している。ミケランジェロは天才だと。あれを見てしまうと、他の者に興味がなくなると。
・モナコからニースの海岸の景色はすばらしいらしい。

「本当に分かっていることは、分からないといことだけ」長く住んでもその国のことは、本当には分からない。
中途半端な知識で、自分勝手な結論を出すと、道を誤る、ということ。そのとおりだろう。
・西の果て、ポルトガルのサグレスでのホテル宿泊の様子は印象深い。

・お茶について、「T」の国と「C」の国の違いに関する考察が面白い。実際、「C」の国のほうが、旅の刺激が多い気がする。

-----
→ Amazonで詳しく見る



はじめまして
≪一方、自分がまだ行ってない町のところを読むと、面白く感じるし、行ってみたい!と強く思う。やはり、旅は、自分で行って、自分の意思で行動することに価値がある、ということか。≫

 旅ほ本の読書というのは、他人の現地に行った経験を追体験出来るところがいいですね。逆に読んだ場所に実際行ってみると、ただ行くだけより感動があるのでしょうか。

[ 2012/11/30 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。