トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  戯言 >  反原発派が文学部系の虚業家ばかりなのは何故か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

反原発派が文学部系の虚業家ばかりなのは何故か

反原発派の運動・言動を見ていると、いつも違和感を感じる。実社会から離れたところにいる人が、空理空論を言っているようにしか聞こえない。なぜか?と考えていたが、以下のような結論に至った。

■反原発派の職業の偏り:

原発・被曝のリスクを過大視し、被災地の瓦礫受け入れを拒否したり、原発を全て無くせ!と言ったりするような、「急進的な」反原発派の顔ぶれを見ていると、その多くが、「文学部系」(あるいは虚業系)の職業についている。例えば、社会学者、芸能人、作家、マスコミ関係者、ジャーナリスト、主婦(プロ市民)、などだ(自称○○も含む)。(なお、ここでは、実際に文学部卒かどうかではなく、大ざっぱに分けて、法律・経済等以外の文系=人文科学系(芸術系を含む)の職業に就いている人、という意味。)

一方、理工系、経済学部系、法学部系などの「実業系」には、急進的な反原発派は、ほとんどいない。つまり、日本経済を実質的に支えていて、現実の社会・ビジネス・技術を知っている人は、極端な反原発(除染に巨額の予算を使えとか、原発は即時全廃とか)という非現実的な考えには至らない、ということだ。(ごく一部、トンデモ系の理系の学者が、反原発を叫んでいるが、これは単に希少性を利用した売名行為にすぎない。)

例を見てみよう。先日、反原発派の人達が、意見広告を出した: <意見広告:「私たちは原発のない日本をめざします」>

「思想家の中沢新一さん、内田樹さん、作家のいとうせいこうさんが呼びかけ人」とのことだ。
この広告(PDF)に出ている賛同者の肩書を見ると、ほとんど全員が、社会学者、文化人類学者、音楽家、芸能人、作家、編集者、デザイナー、ジャーナリスト、のいずれかだ。

他にも例はいくらでもある。日本経済を支える上で、付加価値が高くない人(いなくてもかまわない人)が、反原発になるのだ。

■なぜ文学部系が反原発に走るのか:

(1) 文学部的思考回路:

文学部系の傾向として「感性」「好き嫌い」にこだわる面がある。少なくとも、理工系や経済学部系のように、数字で、原発のリスクや、経済的な影響の分析をしない(できない)。エネルギー工学の技術的な知識も、経済・ビジネスの知識もない。

だから、原発の危険性がどれほど小さいか、原発を全て止めると日本経済にどれほどの影響が出るのか、定量的に検討できない。彼らは、ただ、原発が「危険っぽい」「嫌い」「放射能は怖い」という、主観で動いているだけだ。

また、彼らは、0%か100%か、つまり白か黒か、という二極論で考える傾向が強い。つまり、原発推進か、脱原発か、どちらか?という基準しかない。しかし、現実の世の中は、言うまでもなく、その中間のグレーの部分で、最適解を探すものだ。原発を減らすことは仕方ないにしても、何年かけてどれくらい減らせるかを、さまざまなデータを分析し、検討するしか選択肢はない。除染に関しても、ゼロにはできないので、費用対効果から数値を出すしかない。しかし、彼らにはそれが理解できず、リスクゼロを求める。

(2) 不純な動機:

文学部系虚業家の特徴として、「実業系」(理工系、経済学系、法学系)に対する、反発・ヒガミが見え隠れする。昨年の東日本大震災による福島第一原子力発電所での事故は、実業系の人達(東京電力など)が起こした象徴的な大失敗と捉えることができるため、ここぞとばかりに「一発逆転」を狙って、攻撃を強めている。

彼らにしてみれば、文学部系の存在価値を誇示するチャンスなのだ。「脱原発」は、「文明論(技術より環境を大事に)」とか「お金よりも命を大切に」とか、文学部的な議論を展開するには、都合の良いテーマでもある。彼らは、これに飛びついた。こうしたテーマは、芸能人の活動にも結びつきやすい。「命を大切に」というのは、芸能人でも簡単に叫べる分かりやすいテーマだからだ。これを大声で言うだけでマスコミが取り上げてくれるから、売名行為としても使いやすい。山本太郎が良い例だ。

動機が不純で、利己的だから、例えば、被災地の瓦礫の受け入れは、安全性に問題がなくても、反対する。被災者のことは考えず、自分のアピールを優先する。反原発のデモ行進では、周りが騒音で迷惑していても、大声でわめく。

しかし、こうして考えると、無意味に厳しい水準まで除染しろとか、原発を即時ゼロにしろ、などという急進的な反原発カルト(反原発原理主義と言っていい)は、現実の経済・社会・技術のことを何も知らないまま、感覚と欲だけで動いている、恥ずかしい人達だ、という他ない。

最後に、原発問題の正しい理解のために、下記2冊を読むことをおすすめする。文学系ではなく経済の専門家による客観的な解説が書かれている。
原発「危険神話」の崩壊 (池田信夫)「反原発」の不都合な真実 (藤沢数希)


[ 2012/02/19 07:39 ] 戯言 | TB (0) | Comment (7)

自分の知りうる事実です
文学・芸術の世界は、権威が権威を生み、人気が人気を生む世界です。
「あの文豪xがxxを褒めたから」ということでxxを無理にでも礼賛、
次はxxが推挙する作家xyやyyへと権威の承認が進んでいきます。後継者指名のような性質もあります。だから世襲も横行します。宣伝を請け負うのは言うまでもなくマスコミです。仲間内の褒めあいの場や、べた褒めのための「評論」市場まで発生します。
彼らの職業に存在価値があるのか自分には疑問ですが商品価値は確かにありようです。
彼らの生存を支えているものは「イメージ」だけです。合理的論拠ではなく権威と人格を盲目的に愛してくれる支持者たちが欲しいのです。
ある意味で中東の宗教指導者のような地位と影響力を夢見ている。
[ 2012/03/31 23:34 ] [ 編集 ]
Re: 自分の知りうる事実です
なるほど。よく分かります。
文学・芸術の人は、評判とイメージが命なのですね。
技術やビジネスのような客観性が無いからでしょうね。

ただ、彼らが、自らのイメージアップのために、また商売のネタのために、
原発問題を利用するのは、許せません。
原発問題は、経済学、エネルギー工学、医学等の問題です。
人文科学的な論点に無理やり当てはめようとしても、無理ですね。見苦しいだけ。

> 文学・芸術の世界は、権威が権威を生み、人気が人気を生む世界です。
> 「あの文豪xがxxを褒めたから」ということでxxを無理にでも礼賛、
> 次はxxが推挙する作家xyやyyへと権威の承認が進んでいきます。後継者指名のような性質もあります。だから世襲も横行します。宣伝を請け負うのは言うまでもなくマスコミです。仲間内の褒めあいの場や、べた褒めのための「評論」市場まで発生します。
> 彼らの職業に存在価値があるのか自分には疑問ですが商品価値は確かにありようです。
> 彼らの生存を支えているものは「イメージ」だけです。合理的論拠ではなく権威と人格を盲目的に愛してくれる支持者たちが欲しいのです。
> ある意味で中東の宗教指導者のような地位と影響力を夢見ている。
[ 2012/04/01 00:45 ] [ 編集 ]
溜飲が下がりました。
自分が持っていた、急進的反原発派への違和感の原因を理解する手助けになる意見、ありがとうございます。

何故、彼らが堂々をウソをつき、偏向した情報を流し、科学的事実を「御用なんとか」という言葉で無視し続け、そしてどこまでも思考停止するのか・・・その理由が今まで全く理解できず、悩んでいたところです。

「反原発をプロパガンダに利用している」という人々がいることは判っていたのですが、仰る通り、自らの地位や名誉の向上のために反原発を積極的に利用している人々もいるのでしょうね。
[ 2012/04/22 11:32 ] [ 編集 ]
その二つの本の著者は胡散臭くて信用できない。
[ 2013/06/30 00:06 ] [ 編集 ]
弁護士には反原発派が多いように思います
弁護士の役割は少数の(特定の)クライアントを弁護することであるため、弁護士には数学的・経済学的な知見に沿って全体を調整するという感覚が抜けているように思います。
[ 2013/08/31 17:11 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/02/26 15:03 ] [ 編集 ]
野球チームのファンってなんで投手を憎まないの?
野球って点取りゲームで、点取られてるは全部あいつらじゃん

文系のテクノロジーに携わる人への憎悪はこれと同じ


[ 2015/07/06 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。