トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  [読書] 歴史・文化・旅行 >  マンガ嫌韓流 (山野車輪)読書メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マンガ嫌韓流 (山野車輪)読書メモ


マンガ嫌韓流 (山野車輪)

★★★★★


○南朝鮮が、捏造体質国家だということがよく分かった。何でも、平気で、捏造し、でっちあげる国。
○報道の記事を見ていても、南朝鮮は、ランキングや賞などに異常にこだわり、買収や組織票などで、本来の結果をゆがめることを繰り返している。
○日本のメディアの罪も大きい。南朝鮮の批判は、タブーになっている。日本のマスコミは、南朝鮮の芸能人やフィギュアスケート選手などの「人気」を捏造し、宣伝に加担しているが、胡散臭いだけ。
○タイトルが良くない。「嫌韓」というと、感情的に南鮮に反発していると誤解される。本書は、南朝鮮の実態(日本の「反日」メディアが隠すもの)を、客観的に明確にしようとしているだけ。

------
■読書メモ:

・サッカーワールドカップ2002での、韓国チームの反則と不可解な判定の数々。
・「火病」は、学術的に公式に認められた韓国特有の病気。
・「過去の清算」は、日韓基本条約で、「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」となっており、国家間で解決済み。もし補償を受けてない韓国人がいれば、韓国政府に要求すべき。
・「強制連行」は、戦後作られた造語。(当時の日本国民の義務「徴用」のこと)
・韓国は、剣道を「韓国発祥」と捏造。ソメイヨシノ、折り紙も。その他、日本の商品多数を韓国がパクリ(写真付き)。
・日本のマスコミの大罪。石原都知事発言の捏造問題の背景。
・日本が朝鮮と統治する前の、朝鮮の識字率は10%程度。併合後、日本は朝鮮語を必修科目とし、ハングルを普及させた。(日本語を強要したというのは嘘)
・地方での外国人参政権は認められない。どうしても認めるなら、相互の地域協力、周辺国での反日教育の廃止、アジア連合の創設など、手順が必要。
・いわゆる「従軍慰安婦問題」は、捏造であり、存在しない。慰安婦自体は存在したが、それは、性病まん延を防ぎ、治安を維持するため、現地の軍が認めた売春業者の施設の利用を推奨した。そこで働く女性のことを慰安婦と呼んでいただけのこと。被害を主張する女性の発言が、その後の調査でデタラメと判明。
・欧米の侵略を防ぐため、国防上、日本は朝鮮を併合せざるをえなかった。朝鮮もそれを望んでいた(韓国最大の政治組織「一進会」が併合を主張)。併合により、日本は韓国に、鉄道・電力・道路・近代医療などを導入し、奴隷制度を廃止し、ハングルを普及させ、朝鮮を近代化させた。(併合の前と後の町の様子の違いの写真つき。「日本が侵略した」というのは捏造)
・竹島問題について、そもそも韓国では、事実上言論の自由がなく、まともな歴史研究はできない状況。韓国は国を挙げて、竹島キャンペーンをしている。
・冬のソナタブームについて、ペ・ヨンジュンの来日情報をネットで公開するなどして、ファンを動員し、人気を捏造(本来、混乱を防ぐため非公開にすべき)。
-----
→ Amazonで詳しく見る




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイトマップ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。