トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  2013年03月03日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィギュアスケートの「世界歴代最高得点」「自己ベスト」は、ルール改正分を換算して比較せよ。

※ 一部、タイトルと本文を修正しました。

フィギュアスケートの報道で、「パーソナルベスト更新」「史上最高得点を更新」のような表現を見ることがあるが、単純に数字を比較するのは、意味がない。毎年ルール・採点基準が変わるからだ。特に女子は、バンクーバー五輪後、大幅にルールが改正され、高得点が出にくくなっている。異なるシーズン間でスコアを比較をする場合、ルール・採点基準の変更分を換算・補正しなければならない。そうしないと、実態と乖離した誤報になる。この問題を検証する。


■ バンクーバー五輪の頃は得点は、今のルールで換算すると、大幅に下がる:

例として、データ上の最高得点(SP,FS,Totalとも)である 2010年バンクーバーオリンピックのキム・ヨナのスコアが、現行ルールで、大幅に下がることを、計算して明らかにする。

SPのスコア補正
2010五輪・女子SPのプロトコルを参照し、キム・ヨナのSPの各要素(elements)の基礎点(Base Value)と GOEが、現行ルールでどう変わるかを示す:

3Lz+3T の基礎点: 10.0 → 10.1 (+0.1)
3Lz+3T のGOE: 2.0 → 1.4 (-0.6)
3F の基礎点: 5.5 → 5.3 (-0.2)
3F のGOE: 1.2 → 0.84 (-0.36)
SpSq4(要素削除): 5.4 → 0 (-5.4)
2A の基礎点: 3.5 → 3.3 (-0.2)
2A のGOE: 1.60 → 0.8 (-0.8)
2A が後半と仮定して基礎点1.1倍: 3.3 → 3.63 (+0.33)
<他の要素の変更は軽微のため省略する>


⇒ ルール変更によるSPでの差分の合計: -7.13
⇒ 五輪のSPのスコア 78.50 - 差分 7.13 = 現行ルール補正SPスコア: 71.37

フリーのスコア補正
2010五輪・女子フリーのプロトコルを参照し、キム・ヨナのフリーの各要素(elements)の基礎点(Base Value)と GOEが、現行ルールでどう変わるかを示す:

3Lz+3T の基礎点: 10.0 → 10.1 (+0.1)
3Lz+3T のGOE: 2.0 → 1.4 (-0.6)
3F の基礎点: 5.5 → 5.3 (-0.2)
3F のGOE: 1.8 → 1.26 (-0.54)
2A+2T+2Lo の基礎点: 6.3 → 6.5 (+0.2)
2A+2T+2Lo のGOE: 1.4 → 0.7 (-0.7)
SpSq4(要素削除): 5.4 → 0 (-5.4)
2A+3T の基礎点: 7.5 → 7.4 (-0.1)
2A+3T のGOE: 2.0 → 1.4 (-0.6)
3S(後半) の基礎点: 4.95 → 4.62 (-0.33)
3S のGOE: 1.4 → 0.98 (-0.42)
3Lz のGOE: 2.0 → 1.4 (-0.6)
2A(3回目)は回数制限違反のため 2Lz(後半)に変換 3.85 → 2.31 (-1.54)
(現ルールでフリーで2Aは2回まで。キムは3Lo跳べないため構成上2回転しか入らない)
2A のGOE: 1.4 → 0.42 (-0.98)
(2Aの当時のGOE幅から上記の2Lzの現GOE幅に変換)
ChSq1(要素追加): 0 → 3.5 (+3.5)
(基礎点 2.1, GOEは、五輪のスパイラルの+2相当=+1.4と仮定)
<他の要素の変更は軽微のため省略する>


⇒ ルール変更によるフリーでの差分の合計: -8.21
⇒ 五輪のフリーのスコア 150.06 - 差分 8.21 = 現行ルール補正FSスコア: 141.85

◆以上から、SP+FSの合計スコアは:
五輪でのスコア: 78.50 + 150.06 = 228.56
ルール改正による補正分: -7.13 - 8.21 = -15.34
⇒ 現行ルールの場合のスコア: 71.37 + 141.85 = 213.22

つまり、女子シングルの世界歴代最高得点とされているスコアは、現行ルール換算で、
SP 71.37点, フリー 141.85点、合計 213.22 点
くらいであると言える。五輪時でのスコア 228.56点より大きく下がることが分かる。

上記の例に限らず、他のトップ選手についても計算すれば分かるが、ルール改正によるスコア減少の要因としては、SPのスパイラル削除と、GOEの幅の30%削減が大きい。

(上記のキム・ヨナの2010五輪のスコアの換算では、あくまで、ルール・採点基準の変更分のみを対象にしている。キム・ヨナの五輪のスコアは、PCSやGOEの加点が大きく、インフレだったと言われているが、ここでは考慮に入れていない。もしインフレ分を考慮に入れれば、もっと低い点になることに留意されたい。)

選手の演技の公正な評価のために:

ただ単に「世界最高得点は○○点」のように報道するのは、選手の演技の正当な評価を妨げることになる。特に、2010年の五輪までに高得点を得た選手は、実態よりも不当に高く評価され、ルール改正後に活躍した選手は、実態よりも低く評価される。全ての選手の名誉のため「世界歴代最高得点は無意味」「比較するならルール改正分の補正をすべき」ということを、多くの人に認識してもらえるよう、フィギュアスケートの専門家や報道機関には、啓蒙活動をしてもらいたいくらいだ。

■ 浅田真央の2013四大陸選手権・SPは、事実上は世界歴代最高得点を更新(当時):

2013年の四大陸選手権で、浅田真央は、SPで2年ぶりにトリプルアクセル(3A)を成功させ、優勝した。このときの浅田真央のSPのスコア 74.49点は、下記の世界歴代最高得点の補正値(後述) 71.37点を大幅に上回っている。つまり、事実上は、女子ショートプログラムの世界歴代最高得点を更新しているのだ。

しかし、マスコミの報道では、事実上の記録更新と言わない。それどころか、浅田真央のルール改正前の自己ベスト 75.84 より低いため、「自己ベストに迫る…」程度の言い方しかされてない。演技の本来の価値が正しく評価されないのは、残念でならない。次の試合、2013世界選手権からは、まともな報道をしてほしい。

(なお、浅田真央が、SPで補正値換算でこれほど高得点が出せたのは、ルール改正によりSPで、2Aの代わりに3Aを跳べるようになったことが大きい。)
参考:2013四大陸選手権・女子SPのプロトコル



(参考)
五輪当時(2009/2010) ⇒ 現在(2012/2013) の、主なルール・採点基準の変更点
(軽微な変更、ジャンプのUR導入など最高得点には影響しない変更は、省略):
(1) GOEの加点・減点幅
・3回転ジャンプ:
{-3.0, -2.0, -1.0, 0, +1.0, +2.0, +3.0}
→ {-2.1, -1.4, -0.7, 0, +0.7, +1.4, +2.1}
・ダブルアクセル:
{-2.5, -1.6, -0.8, 0, +1.0, +2.0, +3.0}
→ {-1.5, -1.0, -0.5, 0, +0.5, +1.0, +1.5}
(ジャンプのGOE幅は約30%減。影響大。)
(2) ジャンプ基礎点見直し
3T: 4.0→ 4.1, 3S: 4.5→ 4.3, 3Lo: 5.0→ 5.1, 3F: 5.5→ 5.3, 3A: 8.2→ 8.5, 2A: 3.5→ 3.3.... など多数
(差分は小さい)
(3) SPでスパイラルが削除:
Level4の場合: 基礎点 3.4 {GOE -3~+3} → 0
(トップ選手の場合、スパイラルで5~6点取ってたのが無くなった。これは大きい。)
(4) FSでスパイラル削除・代わりにコレオシークエンス導入:
Level4の場合: 基礎点 3.4 {GOE -3~+3} → 0
コレオシーケンス:0 → 基礎点 2.0 {GOE -1.5~+2.1}
(トップ選手は、だいたい差引 2点ほど減る)
(5) SPの後半ジャンプは基礎点1.1倍
(微増)
(6) フリーで2Aは2回まで
(キム・ヨナのようにフリーで2Aを3回跳ばざるを得なかった選手は影響あり)

(参考) 国際スケート連盟は「世界記録」を認めていない:


歴代最高得点の類について、ISU(国際スケート連盟)は、"statistics"(統計)という表現で、数値を保存・公開しているが、"record"(記録)としては認めていない。ISU statistics のwebページ の最下段に
"The best results achieved in competitions operating under the ISU Judging System are referred to as “highest scores” and “personal bests”. The ISU does not currently recognize the highest scores as “World records”."
という記述がある。世界記録とは認めていないのだ。毎年ルールが変わるのだから当然だ。むしろ、誤解を防ぐため、ISUは、歴代最高スコアの情報は webから削除すべきである。特に2010五輪までは、得点の出方に問題があったため、上記のようなGOEの係数変更等の大幅なルール改正をしたのだから。


スポンサーサイト

サイトマップ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。