トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  2012年02月

ミステリー小説: どんでん返しのパターン分析(ネタバレ無し)

ミステリー小説の中に「どんでん返し」と言われるタイプのものがある。終盤になって、アッと驚くオチが待っていて、それまでの読者の思い込みをひっくり返し、読者を騙すものだ。これまで何冊か「どんでん返し」のミステリを読んで、その考え方のようなものが見えてきたため、そのトリックの特性を考察してみる。

どんでん返しの基本的な考え方

小説の根幹にかかわる部分で、読者に、ある「思い込み」させ、最後にそれを裏切る。それは、多くの場合、小説の中心人物の描写に関するものである。(狭義のどんでん返しかもしれない。それ以外のものはここでは触れない)

つまり、中心人物に関して、
(A) 読者の誤った思い込み
(B) 最後に判明する真実
の2つをいかに設定するかが、どんでん返しの基本である。(A)(B)のギャップが大きければ大きいほど、読者が受ける衝撃も大きい。そのため、人物の極めて基本的な側面で大きなギャップを設定するのがポイントである。これは、以下のようなパターンに分類できると考えられる。
(それぞれのパターンの小説を読んだことがあるが、ここではネタバレは無いので、ご安心を・・・。)


【1】 1人の人物の極めて基本的な属性を用いたトリック

[1-1] 年齢 (若者と思ってたら、実は老人だった)
[1-2] 性別 (男と思ってたら、実は女だった)
[1-3] 国籍・人種 (日本人と思ってたら、実は外国人だった)
[1-4] 職業・立場 (社会的地位が、低いと思ってたら、実は高かった)
…など。

【2】 複数の人物のアイデンティティを用いたトリック

[2-1] N:1 (全く別人のように描かれていた2人の人物が、実は同一人物だった。)
[2-2] 1:N (1人の人物を描いているように見えたが、実は、途中から別人に変わっていた。)
[2-3] 入れ替わり (例えば、前半で、A,Bの2人がいて、後半にもA,Bがそのまま出ていると思ったら、実は、AとBが、途中から逆になってた。)
[2-4] 対応の誤解 (例えば、2つのストーリーを並行して描いていて、ストーリー1にA・B、ストーリー2にC・Dがいて、A=C,B=Dだと思っていたら、実は、A=D,B=Cだった。
…など。

以上の例を見て分かるように、これは、小説の「展開」ではなく「描写」によるトリックである。言い換えれば、文字だからこそできるトリックであり、映像化はほぼ不可能である。年齢・性別・同一人物かどうか、なんて映像で見れば分かってしまうのだ。「どんでん返し」は、映画やドラマではできない、小説の特権である。たった1行の文で「どんでん返し」を完成させることができる。その衝撃の一文は、読んでいて、誤植か?と思うほどのものもある。

・・・って、こんなことを考えながら読んでいると、純粋に小説を楽しめなくなってしまいそうだが・・・。もちろん、上記のパターンに当てはまらないものもあると思うので、斬新な発想のどんでん返しを、これからも読んでみたい。


「ゴールデンスランバー」(伊坂幸太郎)レビュー



ゴールデンスランバー (伊坂幸太郎)

☆☆☆☆

[レビュー・考察]
・ハズレ。「このミステリーがすごい」で1位、本屋大賞も受賞していたため、期待して、読んでみたのだが、全くダメ。
・そもそも、ミステリーとして読んだのがいけなかったのか・・・。ミステリーになってない。どこまで読めば、「オチ」「謎解き」「どんでん返し」があるのかな?と思ってたら、それらしくものが無かったようで、終わった・・・。あれ?これ、ページが抜けてるの?下巻があるんだっけ?・・・の状態。
・いや、ミステリーじゃなく、純文学、あるいは、冒険小説だ、という見方もあるかもしれないが、その観点からも、物足りない。冒険小説なら、もっと、船戸与一みたいな、スケールの大きい壮絶なバトルがほしかったのだが、何とも、こぢんまりとした終わり方だった。

・どうでもいいけど、本屋大賞を受賞する作品って、ほとんどクソばかりだな。その意味では、法則どおり。(このミス1位のハズレは、残念だったが。)

・特に納得いかないのは、伏線を張っているっぽい書き方をしながら、実は伏線でも何でもなかった物が多い。こっちは、一生懸命、頭の中で「伏線」の情報を覚えて、整理しながら、読み進めていたのに。それが、読み終わってみて、「ああ、あれも、これも、何でもなかったのか」と、がっかりさせられた。騙された。

・というわけで、少なくとも、ミステリーファンにはおすすめできない。
-----
→ Amazonで詳しく見る



[ 2012/02/27 02:56 ] [読書] 小説一般 | TB (0) | Comment (0)

反原発派が文学部系の虚業家ばかりなのは何故か

反原発派の運動・言動を見ていると、いつも違和感を感じる。実社会から離れたところにいる人が、空理空論を言っているようにしか聞こえない。なぜか?と考えていたが、以下のような結論に至った。

■反原発派の職業の偏り:

原発・被曝のリスクを過大視し、被災地の瓦礫受け入れを拒否したり、原発を全て無くせ!と言ったりするような、「急進的な」反原発派の顔ぶれを見ていると、その多くが、「文学部系」(あるいは虚業系)の職業についている。例えば、社会学者、芸能人、作家、マスコミ関係者、ジャーナリスト、主婦(プロ市民)、などだ(自称○○も含む)。(なお、ここでは、実際に文学部卒かどうかではなく、大ざっぱに分けて、法律・経済等以外の文系=人文科学系(芸術系を含む)の職業に就いている人、という意味。)

一方、理工系、経済学部系、法学部系などの「実業系」には、急進的な反原発派は、ほとんどいない。つまり、日本経済を実質的に支えていて、現実の社会・ビジネス・技術を知っている人は、極端な反原発(除染に巨額の予算を使えとか、原発は即時全廃とか)という非現実的な考えには至らない、ということだ。(ごく一部、トンデモ系の理系の学者が、反原発を叫んでいるが、これは単に希少性を利用した売名行為にすぎない。)

例を見てみよう。先日、反原発派の人達が、意見広告を出した: <意見広告:「私たちは原発のない日本をめざします」>

「思想家の中沢新一さん、内田樹さん、作家のいとうせいこうさんが呼びかけ人」とのことだ。
この広告(PDF)に出ている賛同者の肩書を見ると、ほとんど全員が、社会学者、文化人類学者、音楽家、芸能人、作家、編集者、デザイナー、ジャーナリスト、のいずれかだ。

他にも例はいくらでもある。日本経済を支える上で、付加価値が高くない人(いなくてもかまわない人)が、反原発になるのだ。

■なぜ文学部系が反原発に走るのか:

(1) 文学部的思考回路:

文学部系の傾向として「感性」「好き嫌い」にこだわる面がある。少なくとも、理工系や経済学部系のように、数字で、原発のリスクや、経済的な影響の分析をしない(できない)。エネルギー工学の技術的な知識も、経済・ビジネスの知識もない。

だから、原発の危険性がどれほど小さいか、原発を全て止めると日本経済にどれほどの影響が出るのか、定量的に検討できない。彼らは、ただ、原発が「危険っぽい」「嫌い」「放射能は怖い」という、主観で動いているだけだ。

また、彼らは、0%か100%か、つまり白か黒か、という二極論で考える傾向が強い。つまり、原発推進か、脱原発か、どちらか?という基準しかない。しかし、現実の世の中は、言うまでもなく、その中間のグレーの部分で、最適解を探すものだ。原発を減らすことは仕方ないにしても、何年かけてどれくらい減らせるかを、さまざまなデータを分析し、検討するしか選択肢はない。除染に関しても、ゼロにはできないので、費用対効果から数値を出すしかない。しかし、彼らにはそれが理解できず、リスクゼロを求める。

(2) 不純な動機:

文学部系虚業家の特徴として、「実業系」(理工系、経済学系、法学系)に対する、反発・ヒガミが見え隠れする。昨年の東日本大震災による福島第一原子力発電所での事故は、実業系の人達(東京電力など)が起こした象徴的な大失敗と捉えることができるため、ここぞとばかりに「一発逆転」を狙って、攻撃を強めている。

彼らにしてみれば、文学部系の存在価値を誇示するチャンスなのだ。「脱原発」は、「文明論(技術より環境を大事に)」とか「お金よりも命を大切に」とか、文学部的な議論を展開するには、都合の良いテーマでもある。彼らは、これに飛びついた。こうしたテーマは、芸能人の活動にも結びつきやすい。「命を大切に」というのは、芸能人でも簡単に叫べる分かりやすいテーマだからだ。これを大声で言うだけでマスコミが取り上げてくれるから、売名行為としても使いやすい。山本太郎が良い例だ。

動機が不純で、利己的だから、例えば、被災地の瓦礫の受け入れは、安全性に問題がなくても、反対する。被災者のことは考えず、自分のアピールを優先する。反原発のデモ行進では、周りが騒音で迷惑していても、大声でわめく。

しかし、こうして考えると、無意味に厳しい水準まで除染しろとか、原発を即時ゼロにしろ、などという急進的な反原発カルト(反原発原理主義と言っていい)は、現実の経済・社会・技術のことを何も知らないまま、感覚と欲だけで動いている、恥ずかしい人達だ、という他ない。

最後に、原発問題の正しい理解のために、下記2冊を読むことをおすすめする。文学系ではなく経済の専門家による客観的な解説が書かれている。
原発「危険神話」の崩壊 (池田信夫)「反原発」の不都合な真実 (藤沢数希)


[ 2012/02/19 07:39 ] 戯言 | TB (0) | Comment (7)

「日本中枢の崩壊」(古賀茂明)レビュー・読書メモ



日本中枢の崩壊 (古賀茂明)

★★★★

[レビュー・考察]
・霞が関の官僚の実態、あるいは公務員全般の実態を知ることができる貴重な本。官僚組織のあまりの非常識・非効率な仕事ぶりに驚く。もはや、優秀なエリート集団などとは絶対に言えないアホすぎるレベル・・・。やはり、著者の言うように、民間から役所への人材の移動が必要だろう。外部の血を入れない限り、変わらないだろう。
・地方自治体・地方公務員は、さらに酷いと想像できる。地方の実態を詳しく暴露する本も、読んでみたい。
・電力会社(特に東京電力)が、政治・行政・マスコミをコントロールできるカラクリもよく分かった。やはり、電力事業には、有効な競争環境の導入が絶対に必要。

------
■ 読書メモ(備忘録・要旨):

第1章:
・東電は、日本最大の調達企業で、経済界を支配し、有力政治家を影響下に置き、広告でマスコミを動かす。自分が日本で一番偉いと思い込んでいる。
・安倍内閣は、公務員制度改革を前進させたが、後の福田内閣は官僚側について、改革に抵抗した。
・国家公務員制度改革推進本部事務局には、推進派は著者(古賀氏)他少数、多数は各省庁から送り込まれた守旧派。その一人、元総務省次官が著者への誹謗中傷工作をした。
人事院は、公務員の処遇を決める第三者機関として設置されているが、実態は、公務員で構成されており、公務員が公務員の給料を決めているのだから、高給のまま。
・公務員制度改革法案は、2009年3月、抵抗を乗り越えて、国会提出に至ったが、野党の民主党が、自民党の守旧派と結託し、自民党の手柄になるのを防ぐため、反対し、廃案になってしまった。
・民主党政権誕生後、著者は、公務員制度改革事務局から更迭され、経産省に戻された。各省庁が、著者の補佐官起用に猛反発し、仙石大臣が屈したらしい。

第2章:
・菅内閣の時の、公務員の「退職管理基本方針」はインチキ。天下りできなくなったから、現役出向という形をとった。形として公務員の身分を残したままの、実質的な天下り。
・著者は、この問題を論文にまとめ、公表した。すると役所から、著者が反対している「民間派遣」の打診があった。これを断れば、生涯賃金で億単位減るが、断った。

第3章:
・著者は、論文発表後、口封じのため、地方に長期出張に出された。日本企業の「擦り合わせ」の文化が、高コスト体質になっているが、経産省はそれを推奨してきた。
・この出張の報告書の一部が、官房によって改ざんされ、国会で問題になった。

第4章:
・霞が関では、省の利益優先の縦割り行政。打破するには「内閣人事局」が必要。先輩の意見は絶対。OBから圧力がかかるから、過去の政策は非難できない。
・官から民だけでなく、民から官への人の流れが必要(リボルビングドア方式)。それには、年功序列の廃止が必要。
・霞が関では、多くの幹部が、夜7~9時は外出して酒を飲んでいる。「労働時間」が評価基準。戻って仕事をして、タクシーで帰る。「居酒屋タクシー」問題も。

第5章:
・長妻元厚生労働大臣は、官僚とマスコミのタッグで、誹謗中傷を報じられ、追い落とされた。
・財務省にとって、国税庁は、マスコミを黙らせるのに有効なツール。いざとなると、査察に入る、と言って脅せる。

第6章:
・政治主導の実現には、ヒト、モノ、カネの掌握=国家戦略スタッフ、内閣人事局、予算局(官邸の)、が必要。

第7章:
・著者は、経産省で、独禁法9条の改正(純粋持株会社の解禁)を進めたが、有力な学者は左翼がかった人が多く、公取委と癒着していて、反対された。
・電力会社は、儲かると、料金を下げろと言われるため、儲からないように、福利厚生などを充実させていた。
壮大な無駄と、政官癒着の構造を作っていた。競争が無いことが諸悪の根源。
・発送電分離で、競争環境を作れば、解決する。著者は、OECD勤務時、OECDが日本に発送電分離を勧告する方向で進めた。新聞記事になって、省内・東電は大騒ぎになり、クビにさせられそうになった。

第8章:
・官民挙げてのインフラ輸出ビジネスは難しい。政府は、ビジネスの感覚が乏しい。新たな利権を狙っている。

終章:
・日本経済の破綻を防ぐには、デフレ解消、政府資産売却、TPP参加による自由化促進、などが必要。その上での増税ならやむを得ない。
・社会保障改革、ムダなバラマキの廃止、ダメ企業の淘汰による生産性向上も、必須。
・小泉・竹中による構造改革は、まだ足りなかった。
・日本の農家は、競争力がある。一方、補助金目当てで手抜きする人も多い。
・平成の身分制度=優遇されている、官僚・農民・高齢者・中小企業経営者(世襲の)の既得権益を捨てさせることが必要。
・日本の観光業を育て、景観を守るには、醜い建物は禁止すべきだし、廃墟になったビル・看板は積極的に壊す公共事業も必要。
-----
→ Amazonで詳しく見る




サイトマップ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information