トラック買取

読書メモ・情報整理ブログ

書評・レビュー、読書の備忘録・要約・まとめ。自分用の情報収集・考察のまとめ。 /【分野】 ビジネス、科学技術、外国語、旅行、・・・
読書メモ・情報整理ブログ TOP  >  [読書] 医療・健康

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「死ぬときに後悔すること25」(大津秀一)レビュー・読書メモ



死ぬときに後悔すること25
(大津 秀一)

★★★★

[レビュー・考察]
・終末期医療の専門家が、1000人以上を見届けた経験から、死ぬときに後悔することに共通項があることに気付き、それをまとめたもの。
・多数の事例の分析によるもののため、客観性、説得力はある。
・ただ、25項目のうちのいくつかは、よく読むと、事例はそれほど多くなく、著者の主観で書いていると思われるものもある。ページ数を稼ぐため 25項目にするために、こうなったのだろうか・・・。
・25項目の中には、高齢者を想定している事項、若いうちに対策を立てるべき事項が、混在している。整理して読まないといけない。
・親が健在の場合、自分の親に後悔させないためには、という視点でも考えるべき。
・全体を通して思ったのは、明日死ぬかもと思って生きてきた人間は、後悔が少ないだろう、ということ。
終末期は、体も動かず、言葉も話せず、思考力も意欲も低下する。だから、元気なうちに、やるべきことをやっておくべき、ということがよく分かった。
・印象的なのは、仕事について後悔する人のことは書かれていない、ということ。他の文献でも、「もっと長い時間、職場にいたかった、と思いながら死ぬ人は一人もいない」、と書かれてあったのを思い出した。仕事は、人生においては、それほど重要ではない
・結局、自分に正直に、自由気ままに生きることを優先すべき。無駄に我慢したり、見栄を張ったりするのは、バカらしい、そんなものは死ぬまで何の役にも立たない。

-----
[読書メモ・備忘録]
※ 本書の要約。("→"の後は、各項目の個人的なメモ)

○健康編:

1 健康を大切にしなかったこと:

・健康情報等の広告・宣伝や煽り、「体験談」は、ウソが多い。「癌が治った!」の話には、ニセ癌の患者の話もある。客観的な統計データが重要。
・死因第一位がんの対策は、早期発見が第一。四十代を超えたら、年に1回きちんとした人間ドックを受けるべき。
→ 当面、食事・睡眠・運動に気をつけて、人間ドックはできれば毎年受けよう。

2 たばこを止めなかったこと:
・喫煙は、がんや肺気腫のリスクを高める。

3 生前の意思を示さなかったこと:
・死期が迫ると、話ができず、意識もなく、動けず、管や機械や、医師・看護師に囲まれ、自分の意志を家族に伝えられない。
・自分の意志を示す代理人を立てること、事前指示書を書くことは、有効。
・患者本人、家族、医療者が最期まで遠慮なく話せる状態を作ること。
・家族に、人生観・死生観・医療に求めることを話しておくこと。
→ 老後の話。それより、親と話すことを考えなくては…。

4 治療の意味を見失ってしまったこと:
・延命治療に終始すると、生活の質が下がったり、かえって命を縮めたりする。
・病状と治療法の判断には、専門家の意見を聞くこと。

○心理編:

5 自分のやりたいことをやらなかったこと:

・皆が言い残す「人生は、あっと言う間であった」と。
・日本人は、自分に嘘をつき、我慢を重ね、ストレスを貯めて、結局後悔する。
・他人に迷惑をかけない程度に、普段から、やりたい放題、が良い。やりたいことがあるのなら、今、新しい人生を踏み出すべき。
→ 重要。やりたいことは、どんどんやっておかないと、いつ病気になってできなくなるか分からない。

6 夢をかなえられなかったこと:
・死ぬ前に後悔するのは、夢が叶わなかったことよりも、そのために全力を尽くさなかったこと。
・夢や情熱を持ち続けるのは、難しいが、一つのことを続けていれば、良いことがある。
→ 好きなこと、やりたいことを見極めて、それを続けるようにしたい。

7 悪事に手を染めたこと:
・死が迫ると、犯した罪の記憶・後悔、天が許さないという恐怖に苦しむ。

8 感情に振り回された一生を過ごしたこと:
・死に比べれば、小事に心を乱されるのは、ばかげている。否定的感情に振り回されるより、笑って過ごすこと。

9 他人に優しくしなかったこと:
・弱肉強食の世で、人を蹴落とした強者も、死期には弱者になり、後悔する。
・優しさが足りないなら、優しさを意識すべき。他人に心から優しくしてきた人は、自分にも優しくできる。

10 自分が一番と信じて疑わなかったこと:
・社会的に成功している者ほど、独断専行になりがち。良心ある医者は、セカンドオピニオンを勧める。
・特に死を前にすると、自分の力の限界を知り、一歩引いて、他人の声に耳を傾けることで、新たな世界が開ける。
→ 人間の無力さを普段から自覚しておこう。

○社会・生活編:

11 遺産をどうするかを決めなかったこと:

・遺産の問題は、介護意欲にも絡むため、難しい。主介護者の負担を考慮せず、均等に配分されると、トラブルになる。
・元気なうちに、子供を集めて、遺産をどうするか話し合うのが良い。
→ 老後の話。というか、親・兄弟と話すことを考えないと。

12 自分の葬儀を考えなかったこと:
・悪徳な葬儀業者に無駄な金を払いたくない(家族の負担を減らしたい)、また、自分の好みと違う華美な葬儀を避けたいのなら、生前葬をするか、葬儀の計画を立てるのもよい。

13 故郷に帰らなかったこと:
・亡くなる1週間ほど前から、せん妄(時間・場所の感覚の混乱)が生じる。
・若い頃の記憶は強固に残り、死期が迫ると、心は過去に帰り、望郷の念にかられる。
・死期が迫ってからでは、故郷に帰れない。元気なうちに、里帰り、墓参りなどすべき。
→ 毎年帰省してるので考えなくてよい。

14 美味しいものを食べておかなかったこと:
・死期が迫ると、食欲が落ち、味覚も変わる。
・終末期に無理やり食べても余命は延びない。
・栄養よりも食の楽しみが重要で、人と団らんしながら食卓を囲むのが重要。
→ これは同意しない。一人で食べても美味しいものは美味しい。

15 仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと:
・「人生=仕事」のような人は、入院して仕事しなくなると、生きがいが失われ挫折する。
・入院してもできる趣味(散歩、インドア系)があると動揺が少ない。
→ 極めて重要。「社畜」と化して、会社に拘束される時間が長ければ長いほど、不幸。いかに勤務時間を短くして、趣味に長い時間を割くか、考えたい。

16 行きたい場所に旅行しなかったこと:
・終末期は、体力面や制度(飛行機の機内での応急処置等)の点で、また楽しめなくなるため、旅行が難しくなる。
・余命が短くても、本当に行きたければ、旅行に行く価値はある。
→ 重要。旅行は、趣味の一つというより、人生の重要な構成要素の一つである(健康、趣味、仕事、旅行、学業、…)。行きたい場所には、何かを犠牲にしてでも、絶対に行くべき。

○人間編:

17 会いたい人に会っておかなかったこと:

・死期が迫ると寝ている時間が長くなり、会いに来られても話せないことがある。

18 記憶に残る恋愛をしなかったこと:
・あまり重要ではないが、記憶に残るものがあるのは良いこと。

19 結婚をしなかったこと:
・死期が迫っていても、形を残すために、結婚したくなる人もいる。
・結婚しておけば、気持ちが落ち着き、終末期の苦痛が和らぐこともある。
→ これは…、要検討。

20 子供を育てなかったこと:
・子供の有無による自由と孤独は、隣り合わせ。ただ、子供がいなければよかったと言って死ぬ人は見ない。
・子供は、親の死期が迫れば、血縁を意識し、面倒を見るようになる。

21 子供を結婚させなかったこと:
・子供がいるのなら、過保護にせず、少なくとも独り立ちさせること。

22 自分の生きた証しを残さなかったこと:
・自伝や何らかの作品を残すことも良いが、時間・労力が必要。健康なうちに。
・家族等に手紙を残すこともある。積極的に、何かを残そうとすること。
→ 仕事以外で、何かを残せないか、今から始めるべきことがないか、考えたい。

23 生と死の問題を乗り越えられなかったこと:
・生と死の意味を自分なりに考え、哲学を確立しないと、死期が迫ると戸惑う。

24 神仏の教えを知らなかったこと:
・スピリチュアルケアの村田理論というものによると、魂の痛みを感じるのは、死を超えた将来の確信(時間存在)、信頼できる家族・友・医療者等の存在(関係存在)、自己決定できる自由(自律存在)のどれかが欠けること。
・死期が迫って宗教に帰依する人には、医者など社会的地位が高い人も多い。失う物、犠牲にしてきたものが多いためか。
→ 死生観については、今後多くの本を読んで(自然科学の本も含めて)、考えを整理したい。

○最終編:

25 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと:

・素直でなかった人が最期に兄に「ありがとう」と言ったという事例の紹介(ただ、多くの場合、最期は言葉を発せないので、特殊事例)。

-----
→ Amazonで詳しく見る


スポンサーサイト

100歳まで元気に生きる!



100歳まで元気に生きる!
(ジョン・ロビンズ、 高橋 則明)

★★★★



タイトルだけ見ると、単に長生きするためのノウハウを集めたお手軽な実用書かと思われてしまいそうだが、全く違う。むしろ学術書に分類されるような内容です。長寿だけでなく「健康的に」長く生き続けるための方法を、多くの事例や文献を参照しながら、多角的に説明しています。

類書として、「病気にならない生き方」が有名ですが、これは、医師が自らの経験に基づく考えを述べており、非常に参考にはなるものの、客観性に疑問が残る部分もありました。一方、本書は、多数の文献・実験データを参照し、引用元も明記してあるため、記述に客観性があり、十分信頼できるように思えました。これら2冊を含めて、類書をいくつか読んだ上で、共通する事項(例えば動物性の食品を控えるなど)を実践しておけば間違いないかと思われます。

本書では、長寿の地域の事例として、アブハズ、ヴィルカバンバ、フンザ、沖縄を取り上げています。これらの事例を読むと、今の日本人の多くがいかに不健康な生活環境に置かれているかを思い知らされます。ただ、これらの地域について、長寿の側面だけを全面的に賞賛するだけでなく、衛生面で問題がある場合がある、近年は欧米文化の影響を受けて病気が増えている、などの否定的な面にも触れています。これらの地域をそのまま真似すればいいというわけではない、と冷静な議論をしている点からも、本書のバランス感覚の良さがうかがえます。

大別すると、食生活、運動、精神面の3点が重要であると説いています。特に食生活に関する説明は、情報量が多く、非常に参考になります。運動の必要性についても、十分納得できる説明があります。ただ、精神面が長寿・健康に与える影響については、因果関係はあるのだろうし、ある程度証拠も出てきているが、まだ研究が十分に進んでいないようにも思われました。

本書を読んで、歳をとることに対するネガティブなイメージが軽減されました。むしろ、老後が楽しみにすら思えてくるほどです。定年退職後は趣味を楽しんで、100歳まで元気に生きて、病気にはならず、眠るようにコロっと死ぬ、という理想的な老後を送りたいものです。その希望を与えてくれます。生活習慣病やメタボリックシンドロームの心配をするよりも、もっと高い次元で、長期的観点から、自らの健康を考えるきっかけを与えてくれます。高齢の人よりも、むしろ、若い人に読まれるべき本だと思います。

----------
■読書メモ:

○ 長寿の地域:
・アブハズ:長寿であるだけでなく、心身ともに健康なまま長生きする人が多い。長寿者は、日々の生活で多く運動する。
・ヴィルカバンバ:アブハズと同様、老人が敬われる。また、よく笑う。
・フンザ:完全な有機農法を何世紀も続けてきた。フンザでは、死に先立つ病気・苦しみはない。
(3地域の食事は共通している。新鮮な野菜、果物、全粒穀物、木の実が中心。調理はあまりせず、生のまま食べることが多い。動物性のものはほとんど食べず、低カロリー。)
・沖縄の老人は、前立腺がん、乳がん、骨粗鬆症などが少ない。ただし、若い世代は、食生活の欧米化により、健康を害している。

・実験から、低カロリー・高栄養価の食事を続けると、年齢を若返らせることができた。(6年続けたが、15年若かった。)

○食事:
・全粒小麦を精白すると、ビタミン・ミネラル等の大部分が取り除かれる。
・アボリジニの先住民は、近年、加工食品を食べるようになって、白人の病気をするようになった。
・中国で、世界最大規模の食生活調査があった。地域により癌罹患率の差がある。植物性食品をとり、動物性食品を避け、血中コレステロール値を下げることで癌罹患率が下がることが明確になった。
・オメガ3脂肪酸は、多様な身体・精神面での恩恵をもたらす。特にDHA,EPAの摂取には、魚、特に天然の(養殖ではない)サケが有効。(動物性の食べ物は、魚だけで十分?)
・米国の養殖魚には、エサや環境に問題があり、毒性物質が多く含まれる。また、魚を多く食べると血中水銀濃度が上がるため、食べ過ぎないこと(米国の場合?)。
・肉から鉄分(ヘム鉄)をとると、過剰分が活性酸素になり、早期老化を招く。植物から得られる非ヘム鉄は、必要分のみ吸収され、健康と長寿に繋がる。

○運動:
・運動は高齢者でも必要。有酸素運動、ストレッチング、筋力トレーニングを行うこと。
・実験の結果、カルシウム摂取より、運動をするほうが、骨密度が高くなる。
・脂肪に対する筋肉の割合を高くすること。
・いくら運動しても食生活が悪ければダメ(運動中の突然死は、食生活が原因?)。
・脳の能力維持、アルツハイマー病予防には、運動と、抗酸化物質を多く含む食品(新鮮な野菜、果物、全粒穀物、豆類)、魚が有効。肉は最小限に。
・人間関係、愛情が長寿・健康に結びつく実験データもある。社会との関わりを持つことが重要。ストレス、有害な人間関係は逆効果。
・日本が世界一の長寿国なのは、平等な協調社会が要因。

○例外:
どんなに健康的な食生活、運動をしても、思わぬ要因で早く死ぬこともある。ただ、できるだけ病気を予防し、苦痛を弱める努力をする価値はある。

→ Amazonで詳しく見る




サイトマップ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

管理人

Author:管理人 ■民間企業勤務(情報技術系)。米国から帰国後、首都圏在住。 ■趣味:海外旅行、読書(経済・ビジネス書、歴史小説、ミステリー)、スポーツ観戦(野球、サッカー、フィギュアスケート)、マスコミ批判。
―― 書評よりも、自分用のメモ・備忘録に重点を置きます。おすすめできる書籍が中心です。


人気ブログランキングへ ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ はてなbookmark
* Twilog * travelphoto

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Information


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。